マーケティングオートメーションツールについて

マーケティングオートメーションツールについて

案件化状況、案件金額、成約状況、成約金額などのSFA側からデータフィードバックを受けて、最終的なマーケティング活動評価に繋げられる機能も多くのツールが持っている。リードジェネレーション系の機能として、自社サイトのSEO(検索エンジン最適化)についてのアドバイス機能やキーワードごとの流入数管理や順位のトラック機能を有するツールもある。

各種のマーケティング施策をキャンペーンとして管理し、その状況や結果を一元的に管理できる機能。これにより、各キャンペーンを横並びで対比することが可能。

創出・育成されたリードを後工程となる営業プロセスに引き継ぐための各種SFAやCRMシステムとの連携機能。マーケティングオートメーションツールはマーケティング部門のメンバーだけが用い、営業を中心とするその他のメンバーは、リードの状況などはSFAを通じて確認するといった思想で作られているツールがわんさ。

別々のツールを使っていると、Excelなど外部で一覧表を作成し評価をする必要が出てしまうことを回避。また、GoogleAdWordsなどPPC広告との連携機能を持つ。